HOME > こんなエステ絶対ダメ!勧誘が強い非道なエステに引っかからない方法 

こんなエステ絶対ダメ!勧誘が強い非道なエステに引っかからない方法

 
数あるエステサロンの中にはいまだに、強引に勧誘してローンを組ませたり、化粧品を無理に買わせたりする非道なサロンもあります。

「こんな勧誘には気をつけて!」という実例をご紹介します。


 

複数回数のコース契約を強引にすすめてくる

 
お試しコースを体験した後のカウンセリングでのできごと。。。
顔もスッキリして、お会計を済ませてさあ帰ろう!と思っているのに、次回以降の複数回コースなどの契約を強くすすめてくるケースの勧誘です。
 
「コースは結構です。」とはっきり伝えても、全然引き下がらずにグイグイすすめてくるのは悪い勧誘です。


 

今日契約しないと損をする・割引ができないなどと言う

 
勧誘が激しくて、帰りたいのに帰らせてくれない。
また、今日契約しないと損をするとか、割り引かないなどと強引に進めてくるのも 悪い勧誘サロンです。
コースの場合は、ローンを組むことになりトータルで考えても結構な大金です。
あとあと、辞めたくなってもやめられないとなると、気持ち良くエステに通うはずが、なんだか億劫、無理に行かされている感が出てきて楽しくなりません。
 
きれいになるのにリラックスできないサロンは最悪ですからね。


 

体系や容姿のことをけなしてくる

「こんな体型はハッキリ言って見れたものではない」「すぐに始めないと今後大変なことになる」などと不安をあおるような言葉で、即契約を促すところはもちろんきっぱりと断りましょう。
 
どんなに施術が良くても、行くのがイヤになってしまっては元も子もありません。
エステティシャンとの信頼関係が築けないサロンはダメですね。


 

化粧品の購入を強くすすめる

 
必要のない化粧品の購入を強くすすめるサロンは要注意です。
痩身の体験コースを受けに行っているのに、施術中や終わった後のカウンセリングで、なぜか化粧品の購入をすすめてくるなんてことはおかしいと思ってください!
 
化粧品を使用するフェイシャルエステならまだしも、全く関係のない施術なのに化粧品を売ろうとするのはおかしいですよね。


 

勧誘の話が長くて帰れない

 
体験エステ終了後に、勧誘の話が長く続き、なかなか帰してくれないというサロンは要注意!
こちらの気持ちは、全く考えていない悪いサロンです。
 


 

 では、どうやって勧誘を断るのか?その方法は?

初回お試しコースだけがお目当てだった場合は、はっきりと金銭的に通えないことを伝えましょう。
学生なら、親に相談してからとか、主婦の方なら旦那に相談してからときっぱり断りましょう。 
 
当サイトで紹介しているエステは、もしコースのおススメがあったとしても無理に勧誘したり、強く勧めてきたりしませんのでご安心くださいね。
 
もし、気が小さくてついつい乗せられてしまうお人よしさんは、「まずは家の人に相談しないと決められないんです。」と言いましょう。 
 
それでは、勧誘についての知識が付いたところで最後に「良い勧誘」についてお話します。
 


 

肌質や身体をよく見極めてくれる

 
体験したコースがフェイシャルなら肌質についてやトラブルの回避方法について、痩身なら、落ちやすい部位や肉質、あなたに合った痩せやすい方法などを的確にアドバイスをくれる場合があります。
 
1回の施術であなたの肌質や身体の特徴をよく観察して、見極めたうえで、ぴったりなコースなどをすすめられるのは良い勧誘と言えます。
 
これこそが、エステティシャンの腕の見せ所、専門家の力量が問われるところです。


 

具体的かつ専門的なアドバイスがある

 
エステティシャンは美容のプロ。
 
一般の人に比べて美容に関する知識は豊富で、何百人という身体をケアしてきたので、頼もしい先生です。
 
例えば、セルフケアでは何をどのようにすれば痩せやすくなるか、どんなケアをすれば肌が潤うか、肌トラブルが防げるかなど具体的なアドバイスをくれるのは、悪い勧誘ではありません。
その上での自宅ケア用化粧品の購入は、悪いものではないですよね。


 

身体や肌の悩みやなりたいイメージをし親身に聞いてくれる

 
最初のカウンセリング時に、身体や肌の悩みやどうなりたいのかを伝えます。
 
その時エステティシャンは親身になって聞いてくれていますか?
雑談交じりや質問が入ったりと、話が膨らんだらあなたと相性の良いエステティシャン、そして仕事に情熱を持っている証拠でしょう。
機械仕事的に、あまり質問にも答えてくれない場合は、知識が浅いかもしれませんし、あまり信頼が置けませんね。
 
こればかりは、運にもよりますが良いエステティシャンとの巡り合わせをお祈りいたします♪